医療法人 ホスピィー GROUP

月火水木金
土曜日
9:00~12:30
14:00~18:00
土は17:00まで
木曜日
9:00~12:30
休診日
日祝祭日
0765-22-5053
富山県魚津市本江1丁目26

診療時間のご案内

9:00~
12:30
14:00~
18:00
土曜日は17:00まで
休診日
木曜午後・日祝祭日

〒937-0805
富山県魚津市本江1丁目26

0765-22-5053

FAX.0765-22-5054

自由診療

ホーム > 自由診療 > 検査 > 広範囲大便検査(腸内環境検査)

広範囲大便検査(腸内環境検査)

広範囲大便分析検査とは

広範囲大便分析検査は総合的に腸内環境を検査することが可能です。悪玉菌と善玉菌のバランス・種類・量、食物の消化吸収機能、腸粘膜の免疫機能や炎症の有無、慢性疾患や神経系機能に影響を与えている病原性の酵母菌・寄生虫・細菌等に有無などを調べることができます。

腸内環境について

通常、健康な人の腸内には善玉菌と悪玉菌が存在し、バランスをとりながら腸内の環境を維持しています。この腸内環境が乱れるとさまざまな病気を引き起こす原因となります。
過度の酵母菌は毒性の高い代謝産物を生成し、神経障害を引き起こすものもあります。
増殖した酵母菌はLGS(リーキーガット症候群)を引き起こし、結果的に食物アレルギーやビタミン・ミネラルの吸収阻害、消化器系疾患の原因となります。
また、悪玉酵母菌が作り出す物質により、体内エネルギーを作り出すシステムが正常に働かなくなり、エネルギーが不足して様々な慢性疾患を引き起こします。

リーキーガット症候群とは

小腸には表面に絨毛という小さな突起があり、さらに絨毛の表面には細やかな突起があります。ここから消化されて細かい分子になった栄養素が体内に吸収されます。腸壁の絨毛部分が炎症を起こしてしまうと、栄養を吸収する穴が大きくなりすぎる場合があります。普通は消化できていない大きな分子は吸収しません。しかし小腸の栄養を吸収する穴が大きくなってしまうと、未消化のたんぱく質や細菌・ウイルス・重金属・化学物質などの異物までも取り込まれてしまい、アレルギーや免疫力低下、関節炎などの原因となります。
こういう大きな分子は本来血液中には存在しないので、防御のためにアレルギー反応が起きてしまうのです。また細菌やウイルスなどを取り込んでしまい感染症を起こしやすくなったり、免疫力低下の原因になります。またこのような異物や細菌の処理のために肝臓や腎臓に過剰な負担がかかります。このような症状を漏出性消化管症候群「リーキーガット症候群」といいます。

このような症状・疾患の方に

慢性疲労症候群、アレルギー、皮膚炎、ADHD、関節炎、自閉症スペクトラム障害、せりアック病、IBS(過敏性腸症候群)、クローン病、うつ病、糖尿病、消化器系疾患、ダウン症候群、繊維筋痛症、摂食障害、HIV、自己免疫疾患、多発性硬化症、乾癬、統合失調症、トゥレット症候群、チック障害など

料金

45,000円(消費税別途)

ご予約・お問い合わせ

自由診療はほとんどのものが予約制となっております。

tel
(0765)-22-5053 (代表)
FAX
(0765)-22-5054

※お問合せ時間:9:00~18:00(日曜・祝日・木曜午後を除く)