高濃度ビタミンC点滴

抗酸化物質であるビタミンCを点滴で投与することにより、経口投与とは比べ物にならない量を摂取することができます。 高濃度ビタミンC点滴は副作用のない体にやさしいがん治療として注目されている最新医療です。

がんに対する高濃度ビタミンC点滴療法

2005年にアメリカ国立健康研究所・国立がん研究所、国立食品医薬品局が共同で「高濃度のビタミンCはガン細胞を殺す」という論文を発表しました。以来、アメリカでは大学病院などで臨床試験が開始され、実際の臨床の場では非常に多くの医師がビタミンCによるがん治療を行っています。

ビタミンCを点滴で大量に投与すると、代謝の過程で過酸化水素が発生します。正常な細胞はカタラーゼという酵素が過酸化酸素を中和するので全く影響を受けません。一方、がん細胞はこのカタラーゼが欠乏しているために過酸化酸素を中和できずにダメージを受けて破壊されてしまいます。すなわち、ビタミンCは高濃度になると天然の抗がん剤として働くのです。またビタミンCは、コラーゲンの生成を強力に促進し、がん細胞周囲に膜を作り浸潤や転移を抑える効果もあります。

高濃度ビタミンC点滴療法は抗がん剤や化学療法の標準治療と併用可能で、標準治療の治療効果を高め、副作用を軽減する働きがあります。

適応 このような方におすすめします
  • 従来のがん治療で改善が認められない方
  • 現在受けておられる治療との相乗効果を期待される方
  • 抗がん剤治療や放射線治療の副作用でお悩みの方
  • 積極的ながん治療が困難な方
  • がんの予防やがん治療後の再発予防をお望みの方
  • 代替医療をご希望の方

有効な抗がん剤や放射線治療がある場合は併用を推奨します

副作用について

心不全、腎不全、著名な胸腹水、先天性G6PD欠乏症の方は高濃度ビタミンC点滴療法を行えませんが、ビタミンCそのものに大きな副作用はありませんので、しっかりとしたプログラムにそって行えば、高濃度ビタミンC点滴療法は安全です。
当院では米国で実施されている「高濃度ビタミンC点滴療法の標準プログラム」に基づき治療を行います。

治療の流れ

  1. 高濃度ビタミンC点滴12.5g + G6PD検査

    G6PD検査・・・G6PD欠損症を調べる検査です。日本人には稀ですが遺伝子G6PD欠乏症の方は重篤の溶解性貧血を起こすことがあるので高濃度ビタミンC点滴療法をお受けできません。
  2. 高濃度ビタミンC点滴25g
  3. 高濃度ビタミンC点滴50g + 血中濃度測定

    ビタミンCの血中濃度が400mg/dl前後に達すると強い抗腫瘍効果が発揮されますので、高濃度ビタミンC点滴療法ではこの濃度を目標とします。 点滴の頻度は、週に2~3回が標準で6ヶ月から1年間継続します。 抗がん剤や放射線治療と併用される方に対しても、あるいはこの治療法を単独でされる方に対しても、同じ回数で点滴治療を行います。多くは1回で50g以上のビタミンCを点滴で投与することになります。
抗酸化作用

ビタミンCは抗酸化作用が強く、美肌・美白作用などに効果的です。

効果

  • 美肌、美白、肌荒れ、しわ、たるみ、くすみ
  • 抗酸化作用(老化予防)
  • 慢性的な疲労
  • 風邪等の感染症予防
  • 冷え症、肩こり、腰痛
  • 免疫力UP
  • 抗ストレス
注意

※透析中の方、腎機能の悪い方等は療法を受けられない場合があります。
※当院では高濃度ビタミンC点滴療法を受ける前に、必ずG6PD測定検査を実施します。

料金(自由診療)(税込)
12.5g8,800円
25g13,200円
50g19,800円
62.5g22,000円
75g24,200円
100g26,400円
G6PD測定7,700円
ビタミンC血中濃度測定3,300円

当院は最先端の点滴療法提供できるよう、点滴療法研究会に所属しております。
※別途初再診料がかかります

ご予約・お問い合わせ

自由診療はほとんどのものが予約制となっております。

tel(0765)-22-5053(代表)

FAX (0765)-22-5054
※お問合せ時間:9:00~18:00(日曜・祝日・木曜、土曜午後を除く)